上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は例年通り大神楽さんがやってくる日。


毎年お正月が終わった頃にお知らせの葉書が来る。
それを忘れないようにカレンダーに記しておくのだけどいつも忘れる。

忘れるけど大神楽さんは近所を回るので、賑やかな笛や太鼓の音がして
「あーそうそう今日だった」と思い出す。

この辺は古い土地で、今でもこういう古い風習(?)のようなものが
時々残っている。
この家に来て初めて大神楽さんを見たときは「なんじゃこれは??」と
びっくりした。

家の近くを地下鉄が通り、大型スーパーが出来てすっかり開けた町に
なったけど、こういう古い伝統のようなものが残ってるっていいな~と
思う。

大神楽さんはいつものように玄関先で獅子舞(?)を舞い、笛がピーヒョロロ
シンバルの小さいような楽器がシャカシャカなって家内安全か何かの
ご祈祷をしてもらう。
そしてお伊勢さんのお札を貰ってありがとうございました~で終わる。

これらになんの意味があるのか全然わからないし、ダンナに聞いても
「わからん」の一言だけど、伝統なので続けていって欲しいなーと思う。

ちなみにお義母さんが健在だった頃、これは何の為にするのかと聞いた
事があるのだけど、やっぱり「わからん」との返事だった。

わからないまま続いてるのねん・・・
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mizuironano.blog82.fc2.com/tb.php/49-f914df6a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。